車を利用する

レンタカーを借りるには

 近年、自動車免許は持っていても車はないという家庭が増えています。特に都会では、電車網が発達しており、車を持っていてもめったに利用しません。また、車は持っているだけで自動車税がかかりますので、持たない方が負担が少ないのです。しかし、レジャーや仕事で自動車を利用したい場合もあります。そんな時に便利なのは、レンタカーを借りるということです。レンタカーを借りるには、レンタカーの営業所へ行き、レンタルの手続きをします。大体のレンタカーは時間制で、それを超えると延長料金がかかるというスタイルになっています。借りる時間は長い方が、時間当たりの料金は安くなります。あらかじめ長い時間使うことがわかっていれば、延長料金を払うよりお得なので、初めから長い時間を指定すると良いです。

そのサービスを使う人たち

 レンタカーサービスを一番望んでいる人は、家庭に車がない人達です。特に恩恵を受けているのは都会の人達でしょう。田舎は車社会で、家庭には車が人数分あるのが普通ですが、都会はそうではありません。しかし、免許証は身分証としても有用ですし、就職の際に必要であったりするので、都会の人達は車がなくても大抵免許は持っています。夏休みに家族旅行で車を使いたい、仕事で必要になったという場合だけ、車を使うことができるレンタカーはとても実用的なのです。車の維持費を払い続けるよりも、レンタカーを必要な時だけ借りる方がむしろコストが安くなるわけで、レンタカーが喜ばれています。このようなスタイルは、少ない資源を有効活用するという点で環境にも優しいものとなっています。